リバウンド防止なるほど情報 リバウンド防止TOP

メタボリックシンドロームの基準とは

リバウンド防止なるほど情報

メタボリックシンドロームの基準値は?

メタボリックシンドローム基準(メタボ基準)は、以下の通りです。(日本肥満学会(JASSO)による)

ウエストが、男性の場合は85cm以上、女性の場合は90cm以上が必須項目であることに加え、
次の3項目のうち、2つ以上の項目に当てはまる場合にメタボリックシンドロームとされています。
・血圧: 130/85mmHg以上
・血糖値:110mg/dl以上(空腹時)
・中性脂肪:150mg/dl以上、または、HDLコレステロールが40mg/dl未満

メタボリックシンドロームの基準はいくつもあると聞きましたが?

最初、世界的に普及したのが、2001年に発表されたNCEP-ATPIII診断基準といわれています。その後、2005年に、国際糖尿病連盟(IDF)から腹部肥満を必須項目とするメタボの世界統一診断基準が作成されました。
日本国内では、2005年に日本肥満学会からメタボリックシンドロームの基準が発表されています。
また、2005年には、NCEP-ATPIII診断基準が改訂されています。
※本サイトでは、日本肥満学会(JASSO)から発表されたメタボリックシンドローム診断基準値を採用しています。

実際のところ、お腹周りは何センチがメタボリックシンドロームなのですか?

最近の健康診断では、胴回り(お腹のまわり)を測定することが多くなり、とても気になる測定項目でもあります。
日本国内の場合は、日本肥満学会のメタボリックシンドロームの基準値が参考にされていると考えられるため、
男性:85cm以上、女性:90cm以上
となることが多いと思われます。
しかしながら、国際糖尿病連盟(IDF)や改訂NCEP-ATPIII基準によると、
男性:90cm以上、女性:80cm以上
となっているため、健康診断を行っている医療機関によってはメタボリックシンドローム基準が異なる場合もあるでしょう。
メタボリックシンドロームの詳細については、健康診断の受診先窓口へお問い合わせされたほうがよいと思います。

 リバウンドのしくみ  ホメオスタシス  停滞期  基礎代謝  太るメカニズム  運動について  メタボリックシンドローム  メタボリックシンドローム基準値  ダイエットのメンタル  健康的なライフスタイル  部分痩せ お腹  部分痩せ 二の腕  部分痩せ ふくらはぎ
 燃焼系サプリ 効果  回復系サプリ 効果

↑ページトップへ


[PR] メタボリック症候群 カロリーコントロール サプリメント デトックス リバウンド ホメオスタシス 停滞期 基礎代謝 玄米の炊き方