リバウンド防止なるほど情報 リバウンド防止TOP

メタボリックシンドロームとは

リバウンド防止なるほど情報

メタボリックシンドロームとは何ですか?

メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)とは、内臓脂肪がたまって複数の生活習慣病を合併している状態のことです。

複数の生活習慣病が合併するとどうなりますか?

個々の生活習慣病が軽い症状であっても、それが複数合併している状態が続くとと、さらに大きな病気を引き起こす可能性があるといわれています。
体内組織の内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)になると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が引き起こされやすくなる状態になります。

また、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態をメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)といい、動脈硬化の危険因子である 肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症 を重複して発症することがあると言われています。

動脈硬化になると、心臓病や脳血管障害など、生命の危険に関わるさまざまな病気を引き起こす要因となります。そして、最終的には動脈の血流が遮断され、酸素や栄養が細胞などの組織に到達することができなくなることにより、脳梗塞や心筋梗塞などの危険な病気の原因となってしまうことがあるので、特に注意が必要です。

メタボリックシンドロームの診断基準はありますか?

最近の健康診断では、胴回り(お腹のまわり)を測定することが多くなりました。メタボリックシンドロームの診断基準は、ウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上あることに加え、次の3項目のうち2つ以上の項目に当てはまる場合とされています。

・収縮期血圧が130mmHg以上、または、拡張期血圧が85mmHg以上
・空腹時の血糖値が110mg/dl以上
・中性脂肪が150mg/dl以上、または、HDLコレステロールが40mg/dl未満


スポンサーリンク

 リバウンドのしくみ  ホメオスタシス  停滞期  基礎代謝  太るメカニズム  運動について  メタボリックシンドローム  メタボリックシンドローム基準値  ダイエットのメンタル  健康的なライフスタイル  部分痩せ お腹  部分痩せ 二の腕  部分痩せ ふくらはぎ
 燃焼系サプリ 効果  回復系サプリ 効果

↑ページトップへ


[PR] メタボリック症候群 カロリーコントロール サプリメント デトックス リバウンド ホメオスタシス 停滞期 基礎代謝 玄米の炊き方