リバウンド防止なるほど情報 リバウンド防止TOP

部分痩せ お腹

リバウンド防止なるほど情報

お腹だけ痩せることはできますか?

体全体を動かしながらお腹を意識して運動することが大切です。ダイエットにおいて大切なことは、筋繊維を太くすることではなく、筋肉内でのエネルギー消費量を増やすことなので、お腹を部分痩せしたい場合は、お腹の筋肉について知っておくと良いでしょう。
お腹は、大きく分けて腹直筋外腹斜筋という2つの筋肉からできています。この二つの筋肉を意識し、集中してトレーニングできれば、部分痩せの効果はより高くなると言われています。

お腹の筋肉だけを意識してトレーニングすればよいのでしょうか?

筋肉だけではなく、骨盤を意識して体を動かすことが腹部の部分痩せに効果的だと言われています。骨盤を動かしながらお腹やウエストに効かせる運動の他に、普段、椅子に座っている時でも、「骨盤を立てること」を意識すると良いと思います。

お腹に筋肉がつかなければダメなのでしょうか?

トレーニングなどにより筋肉の筋繊維が太くなると、エネルギーの消費が多くなって太りにくい体になるといわれています。しかし、筋肉モリモリになる必要はありません。ダイエットにおいて大切なことは、筋繊維を太くすることではなく、筋肉内でのエネルギー消費量を増やすことです。 人間の体の中で一番大きい筋肉は、お腹の筋肉なので、脂肪を燃焼させる効果が出やすい筋肉だと言えるでしょう。

部分やせの効果を上げるにはどうすればよいですか?

ひとつひとつのトレーニングをする時に、お腹のどの筋肉の部分に効いているのかを意識することが大切です。回数を多くするだけではなく、正しいフォームや動き方を覚えてきちんと体を動かせば高い効果が期待できます。 まずはあせらず、ゆっくりと体を動かしてみましょう。


スポンサーリンク

 リバウンドのしくみ  ホメオスタシス  停滞期  基礎代謝  太るメカニズム  運動について  メタボリックシンドローム  メタボリックシンドローム基準値  ダイエットのメンタル  健康的なライフスタイル  部分痩せ お腹  部分痩せ 二の腕  部分痩せ ふくらはぎ
 燃焼系サプリ 効果  回復系サプリ 効果

↑ページトップへ


[PR] メタボリック症候群 カロリーコントロール サプリメント デトックス リバウンド ホメオスタシス 停滞期 基礎代謝 玄米の炊き方