リバウンド防止なるほど情報 リバウンド防止TOP

食事についてのQ&A

リバウンド防止なるほど情報

1回の食事の量は、どのくらいがよいですか?

食事量は個人差があるので一概にいえませんが、一般的に「腹八分」がよいといわれています。お腹いっぱい食べてはいけません。少しもの足りないくらいの量がちょうどよいでしょう。自分にあった、ムリなく自然にダイエットを続けられる食事の量を見つけましょう。

1日の食事の回数は?

1日3回に分けて4〜5時間おきに食べることが理想です。間食や夜食など、1日の食事の回数を増やすことは、リバウンドの原因のひとつになります。自分の食生活のリズムを持ちましょう。

デザートは食べてはいけないのでしょうか?

食事の量と1日3回の食事のリズムに気をつけ、度を過ぎた量でなければ、甘いデザートは問題にならないと思います。大切なことは、通常の食生活を長く続けることができるかどうかです。好きな食べ物を我慢してストレスがたまり、食事制限が続かなくなってしまうことのほうが危険です。

食事をかなり減らしたのに体重が減りません。

ホメオスタシスにより、かなりの食事の量を減らしたにも関わらず、やせないという身体の状態になっているからです。

つい食べ過ぎてしまうのですが…。

ゆっくり時間をかけて食べると、少ない量でも満腹感を得られます。満腹になる条件は、「血糖値が上昇して満腹中枢が反応すること」と「胃袋が食べ物で満たされること」の2つです。早く食べ過ぎると、血糖値の上昇が追いつかず、多く食べてしまいがちです。よく噛んでゆっくり食べましょう。

お腹が空いてイライラします。

ダイエットの最大の敵はイライラです。このイライラをできる限り少なくすることが大切です。食事制限中は、お腹が空いてイライラ、体重が減らずイライラ、など、精神的に不安定になりやすいものです。
人は、何かに集中するとイライラが軽減される(一時的に忘れる)そうです。趣味や仕事(?)などに集中してみてください。

空腹で眠れません。

夜食はおすすめできませんが、眠れないのであれば、こんにゃくなどのカロリーゼロの食べ物を食べてみてください。こんにゃくを使った加工食品もよいかもしれません。

↑ページトップへ


スポンサーリンク

 リバウンドのしくみ  ホメオスタシス  停滞期  基礎代謝  太るメカニズム  運動について  メタボリックシンドローム  メタボリックシンドローム基準値  ダイエットのメンタル  健康的なライフスタイル  部分痩せ お腹  部分痩せ 二の腕  部分痩せ ふくらはぎ
 燃焼系サプリ 効果  回復系サプリ 効果

↑ページトップへ


[PR] メタボリック症候群 カロリーコントロール サプリメント デトックス リバウンド ホメオスタシス 停滞期 基礎代謝 玄米の炊き方